ゲーム攻略

【鬼ノ哭ク邦】鬼ビ人10体+隠し鬼ビ人のジェクスを仲間にする方法とおすすめ鬼ビ人4選

鬼ビ人を仲間にする方法サムネイル

このページでは鬼ノ哭ク邦の鬼ビ人10体と隠し鬼ビ人のジェクスを仲間にする方法とおすすめ鬼ビ人について解説しています

鬼ビ人全員を仲間にすることを前提として獲得できるトロフィーも多く存在するのでそちらも併せて紹介します

鬼ビ人を仲間にするのは簡単

鬼ビ人が仲間になる瞬間

鬼ビ人は仲間にするのに特別な条件というものがなく、ほとんどがカガチ時代に話しかけると仲間になります

まず取り逃すということはないはずですが、仮に取り逃したとしてもクリア後に解放される回帰ノ路を利用すればカガチ時代に戻れるので安心を。

鬼ノ哭ク邦エンディングサムネイル
【鬼ノ哭ク邦】3つのエンディングとためらうorためらわないによる違いを解説 鬼ノ哭ク邦にはエンディングが3種類あり、さらにその時の行動によって若干の違いがあります このページでは3つのエンディングの条件、...

また、鬼ビ人はクリア前に10体+クリア後に1体の合計11体いて、鬼ビ人に関するトロフィーを獲得するなら全てを仲間にする必要があります

鬼ビ人に関するトロフィー
  • 選ばれし救済者:鬼ビ人が2体憑依可能になる
  • 変幻自在の戦術家:鬼ビ人が5体憑依可能になる
  • 天衣無縫の尊厳者:鬼ビ人が8体憑依可能になる
  • 記憶に触れし者:鬼ビ人1体の全ての記憶を見る
  • 真実の解放者:鬼ビ人3体の全ての記憶を見る
  • 鬼ビ人を導く者:鬼ビ人5体の全ての記憶を見る
  • 神秘の継承者:鬼ビ人1体の技奥樹を全て習得する
  • 真理の求道者:鬼ビ人3体の技奥樹を全て習得する
  • 人知を超越する者:全ての鬼ビ人で鬼哭を発動する

鬼ビ人が仲間になる場所と時期

※仲間になる時期は最短のものを著しています

アイシャ  
アイシャ 【場所】:最初から
【時期】:最初から
ザーフ  
ザーフ 【場所】:ローム草原
【時期】:第一章第一幕
ディーア  
ディーア 【場所】:スークの大沼
【時期】:第一章第ニ幕
ウィル  
ウィル 【場所】:テオ遺跡
【時期】:第一章第ニ幕
イザナ  
イザナ 【場所】:スークの大沼
【時期】:第一章第三幕
ゼファー  
ゼファー 【場所】:テエオラ山
【時期】:第ニ章第一幕
ルシカ  
ルシカ 【場所】:正玄の間
【時期】:第二章第ニ幕
トレイズ  
トレイズ 【場所】:影石採掘場跡
【時期】:第二章第ニ幕
ガウォード  
ガウォード 【場所】:裏殿
【時期】:第二章第ニ幕
リガン  
リガン 【場所】:キラック村
【時期】:第二章第三幕

隠し鬼ビ人のジェクスを仲間にする方法

ジェクス

隠し鬼ビ人のジェクスはクリア後にディート市街地に出現する迷イ人「電光石火の情報屋」をクリアすると仲間にすることができます

  1. ディート市街地南西の路地にいる「電光石火の情報屋」と話す
  2. 輪廻の聖域入口まで電光石火の情報屋を連れて行く
  3. 機械の影を調べる
  • ジェクスは特殊な鬼ビ人で、これまで仲間にした鬼ビ人の技を8個(4個×2)までセットできます
  • 技セットの切り替えは×ボタンを押すか、メニューの鬼ビ人画面のR2ボタンで変更できます
  • 通常攻撃はできませんが、同調率を消費してほぼ画面全体が攻撃範囲となる必殺技が使えます
  • 早めに技奥樹を解放しないと攻撃手段が乏しいため、無の鬼魂を使うのが望ましいです
鬼ノ哭ク邦迷イ人サムネイル
【鬼ノ哭ク邦】全ての迷イ人を見つけて無の鬼魂を入手しよう このページでは鬼ノ哭ク邦の迷イ人についての解説をしています 幽リ世に彷徨っている迷イ人の願いを成就させてやると報酬として無の鬼魂...

個人的におすすめする鬼ビ人4選

基本的にどの鬼ビ人も使えるというのが正直な感想です

ただ、鬼ビ人には一長一短があるので、自分のプレイスタイルに適した鬼ビ人を選ぶのがいいと思います

私はあまりアクションゲームが得意ではないので、近接でヒラヒラとかわしながら攻撃するよりもある程度距離を置いて戦えるタイプを選んでいます

おすすめその1 ガウォード

ガウォードは個人的に一番使いやすく、ボスや雑魚敵にもオールマイティに活躍できる鬼ビ人だと思います
特にボスや大型の魔物に対して強いです

最初から使えるプロスボレは高い確率でノックバック+ダウン、早い段階で覚えれるアダマースもノックバックしてくれるので、ダメージ→ノックバック→ダメージ→ノックバックといった感じで連続してダメージを与えることが可能です

しかも初期から使える技の中では1発当たりのダメージが高いです

特にプロスボレによるダウンの効果は大きく、うまく当てればラスボスですらダウンさせることができます
基本はプロスボレとアダマースを交互に使い、CT回復の最中に他の技を使うといいでしょう

欠点は通常攻撃のスピードの遅さと、移動の遅さが挙げられます

魔物に囲まれるとどうしても多くダメージを受けがちになるので、特に守護者にしてすぐの頃は癒し香を使う機会も多くなるはずです

しかし、ソフィアを覚えると再生が常時発生するため、雑魚敵相手ならほとんど癒し香を使うこともなくなってきます

おすすめその2 トレイズ

次点でおすすめしたいのはトレイズです

ボスを相手にするよりは雑魚敵専用の鬼ビ人といったところでしょうか。

近接攻撃タイプのなかでは射程と範囲に優れているので、やや離れた所から通常攻撃で複数の魔物をまとめて攻撃できるのはかなりの利点です

技を使うというよりはひたすら通常攻撃連打で押し切る方が向いていると思います
とりわけ小さいサイズの雑魚敵に向いています

技の中ではフィンノーチェが全方位攻撃+ダウン効果があるため使いやすいです

トレイズの他の技は威力が大きいけれども発動までに時間を要するものが多いので、まずフィンノーチェで魔物をダウンさせてからその間に時間のかかる技を撃つのが、HPが多めの敵に対して有効だと思います

おすすめその3 ディーア

ディーアはガウォードを守護者にするまでの対ボス用鬼ビ人として優秀です

最初から使えるノブレスレーヴは終盤まで使える良技ですし、雑魚敵用にはクレプスキュルも優秀です

しかし、ロックオンの際に動かすカーソルが遅いので、ロックオンすることで付加効果が得られるタイプの技はどうにも使い勝手が悪いと感じます

ディーアが一番強いのは鬼哭化して敵の射程外から通常攻撃を連打することでしょう
ボス相手だとへたに技を使うよりも、これだけでかなり削る事ができるようになります

雑魚敵相手なら弾が貫通するようになるジェネロジテを覚えると使い勝手が向上します

おすすめその4 イザナ

近接タイプならイザナが使いやすかったです

というか、イザナはワープの存在に尽きます

瞬時に敵の背後に回って攻撃できるため、背後から攻撃すると効果を発揮して、しかも早めに覚えやすいスパークブレイズとの相性がいいのもポイントです

また、囲まれた時に逃げやすいのもおすすめするポイントの1つです

技の中では広範囲を攻撃できるパラレルと威力が高めのシリアルが序盤から使えるというのも挙げられます

それと、かなり育てる必要があるもののトリックは高めの確率でダウンを期待できるので、その後に威力の高めなネメシスを撃てば高ダメージを期待できるようになります

欠点としては近接タイプであるがゆえにどうしても被弾が多くなりがちであることです
癒し香の消費は多めになるかもしれません


【鬼ノ哭ク邦の関連記事】

鬼ノ哭ク邦想モ影サムネイル
【鬼ノ哭ク邦】想モ影を倒してトロフィー「幽リ世を識る者」を獲得しよう 鬼ノ哭ク邦の想モ影について解説したページです 想モ影は1体倒すと「現シ世を識る者」、10体倒すと「幽リ世を識る者」のトロフィーを...
「理を創造する者」を獲得するポイントサムネイル
【鬼ノ哭ク邦】「理を創造する者」を獲得(覚醒のコンプリート)するためのポイントを解説 鬼ノ哭ク邦で最も達成するのが難しいトロフィー「理を創造する者」を獲得するためのポイントと、これを取得するために調査した「影石の効果は重...
鬼ノ哭ク邦攻略トップサムネイル
鬼ノ哭ク邦の攻略要素まとめと評価 このページでは鬼ノ哭ク邦を攻略するにあたって留意しておきたいポイントのまとめとゲームの評価について書いているページとなります 鬼...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。